スポンサーサイト

Posted by 眠兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BGエキス抽出 紫根

Posted by 眠兎 on 08.2010 BG抽出液 0 comments 0 trackback
遅ればせながらアレの仕込みをはじめました。
6月末には入手していたのですが、PCのグラボが壊れてしまって何もできずにモンモンとしておりましたw

20100707.jpg

左から

ローズマリー肌を強化し、引き締める効果があります。
たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる効果があります。
フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進します。
「若返りのハーブ」とも言われ、肌や髪のお手入れ用としても人気です。

紫根紫根には解毒・殺菌作用があり、ニキビ・吹き出物の炎症を抑え回復を早めます。
細胞を再生させる力があり皮膚の新陳代謝を促進し、シミ・くすみをだんだんと薄くしていき色白の美肌をよみがえらせます。

ネロリ
(オレンジフラワー)
肌を回復する効果があるため、古い角質
を取り除いて、表皮の代謝を活性化します。特に、しわの
ケアに優れ、乾燥肌・アンチエイジングに向いています。


ローズマリーとネロリ(オレンジフラワー)は BG40%水溶液で2週間程
紫根は生薬で根っこなので、BG50%水溶液で2ヶ月ほど漬け込む予定です。


紫根が手にはいらないよ~>< とお嘆きのかた
乾燥 紫根 入荷しました!
BG抽出方法
ハーブや生薬を1,3-ブチレングリコール(BG)40%水溶液に浸してエキスを抽出する方法。
一般の化粧品などに使われているエキスもアルコール、またはBGで抽出されています。
水溶性、油溶性のどちらの成分も抽出でき、BG自体が保湿力と殺菌効果を持っているので、アルコール抽出エキスよりしっとりとした使い心地です。

アルコールより刺激が少ないので、アルコールがお肌に合わない、できれば使いたくないという場合にオススメ!


  • 広口のガラス瓶にハーブや生薬を細かく切って入れる。

    抽出に使う植物によっては抽出しやすいように、
    細かく砕いたり、つぶしたりして、前処理しておくと良い。

  • BG40%水溶液をガラス瓶の8分目ぐらい(ハーブや生薬がしっかりと浸かるぐらい)まで入れる。
    BG40%水溶液:BG40gに精製水60gを加えた水溶液。

  • 冷暗所に2週間~2ヶ月保存する。
    1日1回、軽く振り、混ぜ合わせると抽出しやすい。

  • 抽出期間が過ぎたらコーヒーフィルターなどでこし、
    遮光瓶に入れる。これを「原液」とする。


■樹脂や実、根などの固めのものや生薬などは、BG50%水溶液の方が抽出されやすい。
  また、保存期間が長めの方がよい。

■生薬の場合、2ヶ月ぐらいまではつけ込んで置いた方がよい。
  抽出エキスに完全に沈んでいれば、雑菌が繁殖することはありません。

■原液の保存期間は、冷蔵庫保存 6ヶ月


原液を精製水やフローラルウォーターで総量の5%を上限に配合する。
生薬などの抽出エキスは、薬理効果が高いですので、はじめは1~2%ぐらいの低濃度から始めると良いそうです。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://sionfx.blog55.fc2.com/tb.php/11-01c7e80b

Profile

眠兎  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Author:眠兎
アロマと手作り石鹸と犬猫に癒される日々・・・

Server & Domain

Affiliate





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。