スポンサーサイト

Posted by 眠兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンガリーウォーター

Posted by 眠兎 on 10.2010 BG抽出液 0 comments 0 trackback
ハンガリーウォーター(ハンガリアンウォーター)は、レシピが残っている中では最も古い香水で、「ハンガリー王妃の水」「若返りの香水」とも呼ばれています。
14世紀頃、70歳を超えたハンガリーの王妃エリザベートがこのハンガリーウォーターで痛風やリウマチも良くなり、日ごとに美しく若返り、ポーランド王に求婚されたという逸話があります。
正確なレシピは公開されていませんが、

ローズマリー … 10g
ローズ … 10g
ペパーミント … 5g
レモンピール … 5g
無水エタノール … 100ml
精製水 … 200ml

このレシピが主流になっているようです。



このハンガリーウォーターで化粧水と石鹸を作りたいと思い仕込んでみました。

レモンなど柑橘類の皮には、肌についた状態で紫外線に当たると皮膚にダメージを与える「光毒性」という作用があるので
レモンピールを使わない前田京子さんのレシピに、少しだけ残っていたオレンジフラワーを追加。
エタノールが私の肌にはあまり合わないので1.3-BG40%水溶液抽出にしました。

- レシピ -  
ローズマリー … 10g
ラベンダー … 10g
ジュニパーベリー … 5g
オレンジフラワー … 5g
1.3-ブチレングリコール … 120g
精製水 … 180g

20100809.jpg

ミルでパウダー状にした時、ハーブのいい香りが部屋に充満して精油を焚いた様で、石鹸にした時どれくらい香りが残ってくれるか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

キダチアロエの石鹸

Posted by 眠兎 on 16.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
先日作った、といってももう一月前になるのですが、乾燥アロエで石鹸を作りました。

適当に摘んできたアロエのトゲをとってミキサーにかけてジュースに。

アロエの生葉には、針状結晶(シュウ酸カルシウム:山芋が痒くなるのと同じ成分)が入っているため、肌がチクチクしたり痒くなったりする場合があるため、煮て灰汁をとる。(こうすると痒くならないそうです)

冷めてきたらキッチンペーパーで濾す。

これがちょうど100gでした。
ほんとは全水分量をアロエジュースにしたかったのですがちと足りなかった
足りない分精製水を加えて、苛性ソーダ水に

20100816_1.jpg

苛性ソーダを加える前は薄い黄緑色でしたが、オレンジ色になりました。
アロエジュースを入れた石鹸はピンク色になるとかならないとか。
これは… ピンク色になる??

でも、ここで問題が…

20100816_2.jpg

ハイオレック ひまわり油で乾燥アロエをウル抽したもの。
緑です。はい。
オレンジと緑を混ぜたら何色になるんですかね?

これは、アロエジュースを加えない方が良かったかも~

などと色々後悔しながら、オイルに苛性ソーダ水を投入してグルグル…
関連記事

カレンデュラの石鹸

Posted by 眠兎 on 17.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
キダチアロエの石鹸がまだ型に入ったままですが、次の石鹸を作っちゃいました。

肌のトラブルを起こしやすいのでこれはどうしても作りたかった!
カレンデュラの石鹸。

キンセンカ、ポットマリゴールドとも呼ばれています。
園芸用のマリーゴールド(フレンチマリーゴールド)とは別ものです。

湿疹、切り傷等、外傷一般に、非常に高い効果を持ち、皮膚の再生を助け、あらゆる肌質に効果があるそうです。

20100818.jpg

 - レシピ -  
ハイオレック ひまわり油
(カレンデュラ ウル抽)
 … 234g (40.6%)
シアバター … 30g (5.2%)
レッドパームオイル … 60g (10.4%)
パームカーネルオイル … 115g (19.9%)
ミリスチン酸 … 18g (3.1%)
精製水 … 212g 
苛性ソーダ … 79g 
 - オプション -
ROE
ネロリFO・フランキンセンスEO・マジョラムEO

ウル抽したオイルにカレンデュラの黄色がしっかり抽出されていたのですが、オレンジ色にしたかったのでレッドパームオイルでしっかり色付け。

香りは、故ダイアナ妃が好んでいたという精油にしてみました。

関連記事

キダチアロエの石鹸 型だし&カット

Posted by 眠兎 on 18.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
20100817.jpg

色々後悔したり、心配していたキダチアロエの石鹸
型出し&カットしました。

緑色でホッとしたような、残念なようなw

カットしてみたら…
中心部分の色が薄い…
そして写真だとわかりにくいのですが、ムラになってまふ…(;´Д`)


20100817_2.jpg


カットしてからだんだん時間がたつにつれて、中心部分の色も濃くなっていきムラも目立たなくなってきました。
でもこれ半分にカットしたら、多分最初のカットしたてみたいに中心部分の色が薄いんだろうなぁ…
石鹸として使うには問題ないと思いますが。
関連記事

魔女の石鹸

Posted by 眠兎 on 19.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
TVで話題になった紫根と太白胡麻油をメインに、フランキンセンスの精油をオプションに。
「魔女の石鹸」と名づけてみましたw

20100825.jpg


 - レシピ -  
太白胡麻油 … 234g (39.0%)
オリーブオイル(紫根 ウルトラ抽出) … 60g (10.0%)
アプリコットカーネルオイル … 60g (10.0%)
キャスターオイル … 30g (5.0%)
ココアバター … 30g (5.0%)
パームオイル … 60g (10.0%)
パームカーネルオイル … 108g (18.0%)
ミリスチン酸 … 18g (3.0%)
精製水 … 210g 
苛性ソーダ … 78g 
 - オプション -
ROE
サンダルウッドEO・フランキンセンスEO・ローズマリーEO

精油もシワたるみに効きそうな感じにしてみました。


ウル抽とミリスチン酸のおかけで、いつもトレースは激早なのですが今回はなかなかトレースがでず。
とはいっても、40分くらいだったのですが長く感じました

関連記事

リキッドシャンプーの素

Posted by 眠兎 on 19.2010 手作りリキッドソープ 0 comments 0 trackback
20100819_0.jpg
 - レシピ -  
ココナツオイル … 173g (34.3%)
オリーブオイル(紫根 ウルトラ抽出) … 80g (15.8%)
キャスターオイル … 76g (15.0%)
椿(カメリア)オイル … 161g (31.9%)
ミリスチン酸 … 15g (3.0%)
精製水 … 380g 
苛性カリ 85% … 127g 


関連記事

クエン酸リンス

Posted by 眠兎 on 20.2010 手作りリン酢 0 comments 0 trackback
市販のシャンプーから石鹸シャンプーに切り替えると髪がきしんだり、すすぎが上手くいかずに乾いた髪がベトベトした状態になったりするとか…

手作り石鹸や手作りリキッドソープはアルカリ性の為、髪の毛のキューティクルが開くので髪がきしんでゴワゴワしてしまいます。

石鹸シャンプーの後にクエン酸リンス(又は、リン酢)を使う事で髪の毛のアルカリを中和し、開いていたキューティクルが締まるので髪のきしみがなくなり指通りがよくなります。
熱(ドライヤー)をあてることでさらにキューティクルは締まります。

しっかりすすぎが出来ていない髪に、クエン酸リンス(リン酢)を使うと、石鹸カスが酸によって油脂に変化してしまい髪がベトついてしまうそうです。

それから、クエン酸にはピーリング作用があるとか…
顔に付かないようにした方がよさそうですねぇ


お酢で作るリン酢はかなり臭いが独特らしく、3日が限度!! というのをよく見かけたので、おとなしくクエン酸リンスをつくりました。

20100820_r3.jpg


- レシピ -  
ハーブティー
(ラベンダー・セージ・スギナ)
 … 200g
クエン酸 … 小さじ2
キサンタンガム … 小さじ1と1/2
グリセリン … 5g
ローズマリーBG抽出液 … 10g
ラベンダーEO … 15滴
ティートゥリーEO … 15滴

精油を加えなくてもハーブティーとローズマリーBG抽出液で充分な程のいい香りがしていたのですが、ラベンダーとティートゥリーを加えてみました。

もう少しゆるゆるのジェル状のほうが好きなので、キサンタンガムは小さじ1でもいいかなぁ

紫根入り リキッドシャンプー

Posted by 眠兎 on 20.2010 手作りリキッドソープ 0 comments 0 trackback
先日のリキッドソープの素を使えるように希釈しました。

- レシピ -  
リキッドソープの素 … 100g
熱湯 … 200g
アロエベラパウダー … 小さじ1
グリセリン … 5g
ローズマリーBG抽出液 … 10g
ラベンダーEO … 10滴
ティートゥリーEO … 10滴
ブラックウィローバーク
エキストラクト(天然防腐剤)
 … 3滴


20100820_s1.jpg


- 作り方 -
  • リキッドソープの素に熱湯をそそぐ。
    20100820_s2.jpg


  • ほこりがはいらないようにキッチンペーパーなどでフタをして
     数時間~1日寝かす。

  • 20100820_s3.jpg


  • リキッドソープの素が完全に溶けていたらphを測る。
     8.5~10くらいが良いそうです。
     値が高い場合はもうしばらく寝かせるか、重曹・クエン酸・
     レモン・ハチミツなどを少しずつ加えて調節する。


  • アロエベラパウダー・グリセリン・ローズマリーBG抽出液
     精油を加え、泡立てないようにかき混ぜる。


  • フォーミングポンプボトル(泡になって出てくる容器)に移す。

リキッドソープの素は冷蔵庫で約1年保存できるので、2週間くらいで使い切れる分だけを作るようにした方がいいです。

希釈しただけだとサラサラの水の様な状態で使いにくいので、キサンタンガムやゼラチンでとろみを付けた方が使いやすいですが、今回はフォーミングポンプボトルを使うのでとろみは付けませんでした。



さて、途中までは紫根の色がきれいに出ていていい感じでした。
が…

関連記事
 HOME 

Profile

眠兎  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Author:眠兎
アロマと手作り石鹸と犬猫に癒される日々・・・

Server & Domain

Affiliate





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。