スポンサーサイト

Posted by 眠兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーブの肌への効能(メモ)

Posted by 眠兎 on 01.2010 ハーブ・生薬の効能 0 comments 0 trackback
ジュニパーベリー 浄化特性があるので、ニキビ(にきび)、毛穴のつまり、侵出性の湿疹、皮膚炎、乾癬、腫脹などの各症状に効果が見られます。脂性肌、うっ滞が生じている肌にも働きかけ効果があります。
頭皮の脂っぽいフケや乾燥したフケなどを好転させると言われています。
妊娠中は使用を控える。高血圧の方は濃度に注意が必要。

スギナ
(ホーステ-ル)
ゆるんだ組織、血行の悪い肌に良いといわれています。肌の脂をコントロールする働きや創傷治癒の作用などがあるとされています。
髪の毛や爪を丈夫にすると言われています。

セージ 大変強い殺菌力・優れた収れん作用があり、炎症を起こし易い肌や、吹き出物に効果があります。
白髪の予防・脂性肌の改善と髪にツヤを与える作用などがあります。
妊娠中は使用を控える。

ネロリ
(オレンジフラワー)
肌を回復する効果があるため、古い角質を取り除いて、表皮の代謝を活性化します。特に、しわのケアに優れ、乾燥肌・アンチエイジングに向いています。

ラベンダー ニキビ、吹き出物、ブツブツなどのトラブル肌の状態を改善してくれるため、美肌効果として優れたものがあります。また、細胞の成長を刺激し、肌を若返らせる効果が期待できます。
殺菌効果があることから、軽いやけどである日焼けに効果があります。
髪にも効果があり、脱毛症に効果があると言われています。
妊娠初期の数ヶ月は使用を避ける。

ローズマリー 肌を強化し、引き締める効果があります。
たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる効果があります。フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進します。
「若返りのハーブ」とも言われ、肌や髪のお手入れ用としても人気です。
妊娠中は使用を控える。高血圧の方は濃度に注意が必要。

関連記事
スポンサーサイト

生薬の効能

Posted by 眠兎 on 01.2010 ハーブ・生薬の効能 0 comments 0 trackback

紫根紫根には解毒・殺菌作用があり、ニキビ・吹き出物の炎症を抑え回復を早めます。
細胞を再生させる力があり皮膚の新陳代謝を促進し、シミ・くすみをだんだんと薄くしていき色白の美肌をよみがえらせます。

関連記事

各オイルの特徴

Posted by 眠兎 on 01.2010 各オイルの特徴 0 comments 0 trackback
オリーブオイルオリーブの実から採れる油。人間の皮脂に含まれる重要な保湿成分スクワレンと、オレイン酸を多く含み大きな保湿効果がある。冷水でも温水でも洗浄力は強いものの、皮脂を取りすぎることはない。泡立ちは控えめ。この性質と、手に入れやすい価格から、石鹸のベースオイルとして使われることが多い。

アプリコット カーネルオイル疲労して張りを失った皮膚を回復させます。栄養を多く含み、肌に滋養を与えます。敏感肌や加齢肌に適しています。ベビーソープにも良く配合されている。
アプリコットカーネルオイルを使った石けんは、とてもなめらかな質感で泡だちがよくなります。スイートアーモンド油よりもやや粘性のある感じです。

ココナツオイルココヤシの実から採れる油で、飽和脂肪酸を多く含み、とても安定性が高く、石鹸の泡立ちを良くする。
ココナッツ油にはラウリン酸が多く含まれるので、あまり多く配合すると、肌を刺激したり、乾燥させたりするので石鹸への配合は20%に留める。
約25℃以下で固まる。

米油
(米ぬか油・米胚芽油)
米から得られるオイルで、50%近くのリノール酸、約35%のオレイン酸、パルミチン酸が約20%、その他、様々な不鹸化物が含まれており、洗浄力も泡立ちもよい石鹸になる。米油の性質を生かすには20%以上配合する。
トレースまでが非常に早く、かき混ぜている間に粘り気が出てくる。
※米ぬかにアレルギーのある方は使用を避けて下さい。

ごま油
(太白胡麻油)
胡麻の種子から抽出されるオイル。オレイン酸が約40%、リノール酸が約50%、不鹸化物として抗酸化物質であるセサミン、セサモリン、セサモールが含まれているので酸化されにくい。その他、カルシウム、リン、鉄などが含まれている。
ゴマ油には琥珀色と透明色の2種類があり、琥珀色のごま油は、煎ってから搾るので強いゴマの香りがする。透明色の太白胡麻油は、ゴマを煎らずに搾るので色や匂いはほとんど無い。
石鹸はやや柔らかく仕上がり、サッパリとした特徴を生かすためのベースとして夏向きの石鹸に多用される。
肌のコンディションを整え、炎症を抑える効果がある。稀に過敏症の原因となる。

パームオイルパームヤシの実を搾って作られたオイル。未精製のものはレッドパーム油といいオレンジ色をしている。レッドパーム油はカロチンやビタミンを多く含み、肌の修復作用を助ける働きがある。レッドパーム油を配合すると石鹸がきれいなオレンジ色になるが、明るいところに長く置くと色あせていく。
融点が27度から50度とかなり高く、室温でも固体状になる。
石鹸に硬さをだし溶けくずれを少なくするが、石鹸を硬くする役割のパルミチン酸は、皮膚腺の活動にはあまり良くないため、通常10%~20%の配合が望ましい。

パーム核オイルココナッツオイルに性質が良く似ており、石鹸の泡立ちを良くし、溶け崩れの少ない硬い石鹸になる。ココナッツオイルよりは刺激が少ない。
多く配合すると肌が乾燥するので総オイル量の25%以下にする。約25℃以下で固まる。

ホホバオイル天然の液状ろうを含み、皮膚に保護膜を作り、自然に状態を調節するのを助ける。
肌になじみやすく軽い使用感が特徴で、大きな保湿効果がある。
天然の抗酸化物質であるビタミンEを豊富に含み、熱に対する安定に優れているため酸化しにくく、扱いやすいオイル。

ラード石鹸を堅くするパルミチン酸とステアリン酸、泡立ちが よいミリスチン酸、保湿効果のあるオレイン酸とリノール酸を含んだ単独油脂としては保湿・あわ立ち、固さなどバランスの取れたオイル。ココナッツオイルとあわせることで泡立ちがよく固い石鹸になる。
ラード100%のせっけんは溶けにくく長持ちするためキッチンやランドリーソープとして使える。
日本では優れた軟膏基材として、古くから用いられている。

BGエキス抽出 紫根

Posted by 眠兎 on 08.2010 BG抽出液 0 comments 0 trackback
遅ればせながらアレの仕込みをはじめました。
6月末には入手していたのですが、PCのグラボが壊れてしまって何もできずにモンモンとしておりましたw

20100707.jpg

左から

ローズマリー肌を強化し、引き締める効果があります。
たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる効果があります。
フケ、脱毛に悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進します。
「若返りのハーブ」とも言われ、肌や髪のお手入れ用としても人気です。

紫根紫根には解毒・殺菌作用があり、ニキビ・吹き出物の炎症を抑え回復を早めます。
細胞を再生させる力があり皮膚の新陳代謝を促進し、シミ・くすみをだんだんと薄くしていき色白の美肌をよみがえらせます。

ネロリ
(オレンジフラワー)
肌を回復する効果があるため、古い角質
を取り除いて、表皮の代謝を活性化します。特に、しわの
ケアに優れ、乾燥肌・アンチエイジングに向いています。


ローズマリーとネロリ(オレンジフラワー)は BG40%水溶液で2週間程
紫根は生薬で根っこなので、BG50%水溶液で2ヶ月ほど漬け込む予定です。


紫根が手にはいらないよ~>< とお嘆きのかた
乾燥 紫根 入荷しました!
関連記事

紫根インフューズドオイル(ウルトラ抽出法)

Posted by 眠兎 on 10.2010 インフューズドオイル 0 comments 0 trackback
20100709.jpg

左が紫根インフューズドオイル(ウルトラ抽出法)。
オイルはオリーブオイルを使用。

右はネロリインフューズドオイル(ウルトラ抽出法)。
オイルはアプリコットカーネルオイルを使ってみました。

アプリコットカーネルオイル疲労して張りを失った皮膚を回復させます。栄養を多く含み、肌に滋養を与えます。敏感肌や加齢肌に適しています。
アプリコットカーネルオイルを使った石けんは、とてもなめらかな質感で泡だちがよくなります。スイートアーモンド油よりもやや粘性のある感じです。



紫根インフューズドオイルがお醤油のように真っ黒に見えますが・・・
濃い赤紫色です。
石鹸にしたら、いい感じの色がつくんじゃないかなぁ と期待値

ネロリの方はなんか香りが飛んでしまった様な・・・
香りが強すぎて草のような香りがするんだろうか・・・ ん~・・・
ネロリの香りより効能を期待してるので、まぁいいかな。
とはいっても見た目はただのオイルですw

紫根とハーブティーの化粧水

Posted by 眠兎 on 11.2010 手作り化粧水 0 comments 0 trackback
20100711_2.jpg
ハーブティー(ネロリ) …  100g
グリセリン(保湿成分) …  5g
紫根エキス …  3g
オーガニック
ブラックウィローバーク
エキストラクト(天然防腐剤)
 …  0.1g

材料はこれだけw

先日紫根とネロリ(オレンジフラワー)をBGに漬け込んだばかりでまだ使えないので、ハーブティーのネロリ(オレンジフラワー)と乾燥紫根と一緒に購入した紫根エキスを使用。
2ヵ月後には先日のBG抽出液を使用する予定です。

  • ハーブティーにグリセリンを加えて良く混ぜる。
    グリセリンのベタ付き感が苦手な場合はベタインを使うといいかもしれません。

  • 1に紫根エキスとオーガニック ブラックウィローバークエキストラクトを加えて良く混ぜる。

20100711_3.jpg

色はすごい事になってますが、使った感じ色が肌に残るというような事はないです。
残るようだと使ってられませんがw

1ヶ月後には色白美肌になっちゃうかもしれません

紫根とハーブティーの乳液

Posted by 眠兎 on 12.2010 手作り乳液 0 comments 0 trackback
20100711_0.jpg
ホホバオイル …  11g
アプリコットカーネルオイル …  9g
植物性乳化ワックス …  5g
ハーブティー(ネロリ) …  72g
紫根エキス …  3g
オーガニック
ブラックウィローバーク
エキストラクト(天然防腐剤)
 …  0.1g


紫根づくしですw
先日の化粧水と同じで2ヵ月後にはBG抽出液を使う予定。
私は普段あまり乳液を使わなくても大丈夫なお肌なので、グリセリン(保湿成分)は入れないレシピにしました。
グリセリン(保湿成分)を入れる場合は、グリセリン(保湿成分)10g ハーブティーを62gにする。


  • 各オイルと乳化ワックスを耐熱ガラスなどの容器に入れ湯煎にかける。

  • ハーブティーを1のオイルと同じくらいの温度になるようにしておく。
    グリセリン(保湿成分)を入れる場合はここでハーブティーに加える。


  • 1の乳化ワックスが溶けたら湯煎からおろしよくかき混ぜる。


  • 3をかき混ぜながら2のハーブティーを少しずつ加えていく。
    クリーマーを使うとかき混ぜるのが楽になります。


  • 4に紫根エキスとオーガニック ブラックウィローバークエキストラクトを加え、ひたすらかき混ぜる。

※容器に移したら、冷めるまでふたはしない。
(水蒸気でできた水滴がカビの原因になります)

3~5の時は、ときかくひたすらかき混ぜる。
しっかりかき混ぜると分離しにくいと思います。

20100711_1.jpg

とっても美味しそうないちごミルク色の乳液ができました。
紫根の化粧水とはえらい違いですw

乾燥アロエを作ってみた

Posted by 眠兎 on 15.2010 下準備・仕込み 0 comments 0 trackback
20100715_0.jpg
胃腸の調子が悪い時や、風邪気味かな?と思った時に1cm程度を刻んでのんだりして何かとお世話になってるアロエ様。

アロエの生葉には、針状結晶(シュウ酸カルシウム:山芋が痒くなるのと同じ成分)が入っているため、肌がチクチクしたり痒くなったりする場合があるとか。
煮て灰汁を取り除くか、乾燥させるといいそうです。

という訳で、天気も良かったので乾燥アロエにしてみました。
20100715_1.jpg
アロエを薄くスライスして、重ならないようにざるに入れて天日で干す。

乾燥させた物はお茶にして飲んだり、粉にしてお料理にといろいろ使い道があるので天気がいい時に沢山作っておきたいです。

そうそう、アロエを収穫しているときに蚊にくわれてしまって、アロエをスライスしてる最中痒くてしかたなかったのですが、アロエ汁まみれの手で掻いてたらいつのまにか痒くなくなってました。
調べてみたら虫さされにもいいとか。
ほんと万能薬ですねぇ。

紫根とネロリ(オレンジフラワー)の石鹸

Posted by 眠兎 on 17.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
20100717.jpg
- レシピ -  
オリーブオイル(紫根ウルトラ抽出オイル) … 240g (40.0%)
アプリコットカーネルオイル
(オレンジフラワー ウルトラ抽出オイル)
 … 120g (20.0%)
パームオイル … 110g (18.3%)
ココナツオイル … 110g (18.3%)
ミリスチン酸 … 20g (3.4%)
精製水 … 210g 
苛性ソーダ … 79g 
オプション無し   



各オイルとミリスチン酸をボールに入れ湯煎にかける。
温めすぎないように気をつけながらミリスチン酸を溶かす。
(ミリスチン酸の融点は55℃くらい)
ミリスチン酸が全部溶けたら湯煎からおろし、43℃くらいまで冷まして苛性ソーダ水を投入。
15分くらいでトレース。

20100717_1.jpg
見事に青くなりました!
このままの色でいてくれてもおおいに結構って感じの色ですw
もう少し薄い方が見た目にはキレイだけど。

20100717_2.jpg
そして型に入れてトントンして気泡を抜いてる時に、ROEを入れ忘れた事に気づきました(遅
苛性ソーダ水を入れようとした時に何か忘れてるような気がしたんです
入れ忘れてすっごい困る!というような物でなくて良かった。うんw


20100718.jpg
24時間後、保温箱から出すと、型に入れた時より赤みがでてました。
まだちょっと柔らかくて凸凹ができてしまいましたが
こうやってカットして並べると、なんだか羊羹みたいですw
関連記事
 HOME 

Profile

眠兎  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Author:眠兎
アロマと手作り石鹸と犬猫に癒される日々・・・

Server & Domain

Affiliate





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。