スポンサーサイト

Posted by 眠兎 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の石鹸

Posted by 眠兎 on 19.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
TVで話題になった紫根と太白胡麻油をメインに、フランキンセンスの精油をオプションに。
「魔女の石鹸」と名づけてみましたw

20100825.jpg


 - レシピ -  
太白胡麻油 … 234g (39.0%)
オリーブオイル(紫根 ウルトラ抽出) … 60g (10.0%)
アプリコットカーネルオイル … 60g (10.0%)
キャスターオイル … 30g (5.0%)
ココアバター … 30g (5.0%)
パームオイル … 60g (10.0%)
パームカーネルオイル … 108g (18.0%)
ミリスチン酸 … 18g (3.0%)
精製水 … 210g 
苛性ソーダ … 78g 
 - オプション -
ROE
サンダルウッドEO・フランキンセンスEO・ローズマリーEO

精油もシワたるみに効きそうな感じにしてみました。


ウル抽とミリスチン酸のおかけで、いつもトレースは激早なのですが今回はなかなかトレースがでず。
とはいっても、40分くらいだったのですが長く感じました

スポンサーサイト

キダチアロエの石鹸 型だし&カット

Posted by 眠兎 on 18.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
20100817.jpg

色々後悔したり、心配していたキダチアロエの石鹸
型出し&カットしました。

緑色でホッとしたような、残念なようなw

カットしてみたら…
中心部分の色が薄い…
そして写真だとわかりにくいのですが、ムラになってまふ…(;´Д`)


20100817_2.jpg


カットしてからだんだん時間がたつにつれて、中心部分の色も濃くなっていきムラも目立たなくなってきました。
でもこれ半分にカットしたら、多分最初のカットしたてみたいに中心部分の色が薄いんだろうなぁ…
石鹸として使うには問題ないと思いますが。

カレンデュラの石鹸

Posted by 眠兎 on 17.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
キダチアロエの石鹸がまだ型に入ったままですが、次の石鹸を作っちゃいました。

肌のトラブルを起こしやすいのでこれはどうしても作りたかった!
カレンデュラの石鹸。

キンセンカ、ポットマリゴールドとも呼ばれています。
園芸用のマリーゴールド(フレンチマリーゴールド)とは別ものです。

湿疹、切り傷等、外傷一般に、非常に高い効果を持ち、皮膚の再生を助け、あらゆる肌質に効果があるそうです。

20100818.jpg

 - レシピ -  
ハイオレック ひまわり油
(カレンデュラ ウル抽)
 … 234g (40.6%)
シアバター … 30g (5.2%)
レッドパームオイル … 60g (10.4%)
パームカーネルオイル … 115g (19.9%)
ミリスチン酸 … 18g (3.1%)
精製水 … 212g 
苛性ソーダ … 79g 
 - オプション -
ROE
ネロリFO・フランキンセンスEO・マジョラムEO

ウル抽したオイルにカレンデュラの黄色がしっかり抽出されていたのですが、オレンジ色にしたかったのでレッドパームオイルでしっかり色付け。

香りは、故ダイアナ妃が好んでいたという精油にしてみました。

キダチアロエの石鹸

Posted by 眠兎 on 16.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
先日作った、といってももう一月前になるのですが、乾燥アロエで石鹸を作りました。

適当に摘んできたアロエのトゲをとってミキサーにかけてジュースに。

アロエの生葉には、針状結晶(シュウ酸カルシウム:山芋が痒くなるのと同じ成分)が入っているため、肌がチクチクしたり痒くなったりする場合があるため、煮て灰汁をとる。(こうすると痒くならないそうです)

冷めてきたらキッチンペーパーで濾す。

これがちょうど100gでした。
ほんとは全水分量をアロエジュースにしたかったのですがちと足りなかった
足りない分精製水を加えて、苛性ソーダ水に

20100816_1.jpg

苛性ソーダを加える前は薄い黄緑色でしたが、オレンジ色になりました。
アロエジュースを入れた石鹸はピンク色になるとかならないとか。
これは… ピンク色になる??

でも、ここで問題が…

20100816_2.jpg

ハイオレック ひまわり油で乾燥アロエをウル抽したもの。
緑です。はい。
オレンジと緑を混ぜたら何色になるんですかね?

これは、アロエジュースを加えない方が良かったかも~

などと色々後悔しながら、オイルに苛性ソーダ水を投入してグルグル…

紫根とネロリ(オレンジフラワー)の石鹸

Posted by 眠兎 on 17.2010 手作り石鹸 0 comments 0 trackback
20100717.jpg
- レシピ -  
オリーブオイル(紫根ウルトラ抽出オイル) … 240g (40.0%)
アプリコットカーネルオイル
(オレンジフラワー ウルトラ抽出オイル)
 … 120g (20.0%)
パームオイル … 110g (18.3%)
ココナツオイル … 110g (18.3%)
ミリスチン酸 … 20g (3.4%)
精製水 … 210g 
苛性ソーダ … 79g 
オプション無し   



各オイルとミリスチン酸をボールに入れ湯煎にかける。
温めすぎないように気をつけながらミリスチン酸を溶かす。
(ミリスチン酸の融点は55℃くらい)
ミリスチン酸が全部溶けたら湯煎からおろし、43℃くらいまで冷まして苛性ソーダ水を投入。
15分くらいでトレース。

20100717_1.jpg
見事に青くなりました!
このままの色でいてくれてもおおいに結構って感じの色ですw
もう少し薄い方が見た目にはキレイだけど。

20100717_2.jpg
そして型に入れてトントンして気泡を抜いてる時に、ROEを入れ忘れた事に気づきました(遅
苛性ソーダ水を入れようとした時に何か忘れてるような気がしたんです
入れ忘れてすっごい困る!というような物でなくて良かった。うんw


20100718.jpg
24時間後、保温箱から出すと、型に入れた時より赤みがでてました。
まだちょっと柔らかくて凸凹ができてしまいましたが
こうやってカットして並べると、なんだか羊羹みたいですw
 HOME 

Profile

眠兎  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

Author:眠兎
アロマと手作り石鹸と犬猫に癒される日々・・・

Server & Domain

Affiliate





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。